天然青汁

140万箱突破の人気の青汁「天然青汁」

栄養価が高く野菜の王様とも呼ばれるケールを全体の90%、残りの10%にトマトやよもぎなど8種の緑黄色野菜と乳果オリゴ糖をバランスよく組み合わせた王道の青汁。
安全と品質にもこだわりがあり、すでに140万箱を売り上げているほどの人気です。


「天然青汁」 3つのおすすめポイント

1.国産無農薬ケール90%の王道の青汁

 

90%をケールが占める王道の青汁「天然青汁」
1日の野菜の摂取目標は350gと言われていますが、実は、野菜を摂る際には、量よりも野菜自体の質を重視する必要があります。
「天然青汁」は、緑黄色野菜の中でも、抜群にビタミンやミネラルを多く含んでいる”ケール”を主原料に作られている青汁で、さらに8種の緑黄色野菜と乳果オリゴ糖をバランスよく組み合わせているので、野菜不足解消には心強い味方となってくれます。
もちろん栽培方法にもこだわりがあり、九州の契約農家で大切に栽培された無農薬・無化学肥料のケールが使用されており、安心して毎日飲み続けることができます。

 

2. 食物繊維除去で、よりカラダに吸収されやすく

栄養素がカラダに吸収されやすい天然青汁
一般的な青汁は、原料を加熱して乾燥、裁断の行程で粉末化しています。しかし、野菜の栄養素というのは、食物繊維の細胞壁の中に閉じ込められているため、それだけではせっかく青汁を飲んでも十分にカラダに吸収されません。
「天然青汁」は、その食物繊維の壁を除去することで栄養素を搾り取り、よりカラダに栄養素が吸収されやすい青汁なんです。

 

 

3. スプレードライ製法でケールの栄養成分をそのまま粉末化

スプレードライ製法で作られる天然青汁

 

「天然青汁」には新鮮なケールが使われています。実は、ケールに含まれる酵素やビタミンなどの成分は、加熱によって壊れやすいものが多く、高温で加熱してしまうと十分な栄養価が得られません。
「天然青汁」は、39度前後の低温で瞬時に乾燥する”スプレドライ製法”により粉末化されているので、栄養成分を失うことなく体内で効率良く摂取することができます。


 

 

青汁の総合人気ランキング