一日の野菜の量、必要なのはあとどのくらい?

年齢に関係なく、毎日を充実させるためには、健康が基本となります。

カラダは、食べるものから作られているというのは本当で、健康でありたいのであれば、食生活に気を遣うことがかなり重要となってきます。

 

どの年代であっても、気になるのは野菜不足です。若い世代だけでなく、50代、60代といった世代でも、1日に補うべき野菜の摂取量には達していないという結果が出ています。

 

「健康に気を遣って野菜はよく食べている方なのに・・・」

という方もいるでしょう。それでも、足りないと言われてしまったら、もっとたくさんの量を食べるしかありません。
しかも、ただ、単に野菜の量を増やせばいいわけではなく、バランスも大切になってきます。

 

あなたは、毎日の食生活の中で、あとどのくらい野菜の量を増やすことができますか?
しばらくはよくても、1週間、1ヶ月、1年・・・と野菜の量やバランスに気を遣い続けるのは想像以上に大変なことです。

 

この野菜不足を解消できる救世主が「青汁」というわけなんです。
青汁にも色々な種類があるので、原料となっている野菜や、配合されている成分はしっかりチェックしておきたいところ。

質のいい青汁を選ぶことができれば、数ヵ月後、数年後のカラダには大きな違いが出てくるでしょう。


→→ 次の記事「青汁とサプリメントどっちがいいの?」へ